住宅ローンと金利

住宅ローンは、家の購入を検討しているほとんどの方が利用する事だろう。

一括で家を買える程の貯金をしている人は数少ないからだ。家の購入時には、住宅ローンの話が出る。

どの銀行を使うか、審査がどのようになっているか、金利の制度がどのようになっているか等だ。私が住む地域では、大体2000万~3000万程で普通の新築一軒家を建てる事が出来る。

その時やはり、住宅ローンの話が出た。仲介業者の方は銀行と取引があり、個人で申し込むよりははるかに金利が安く借りられるとの事。

大体1%くらいは引いてくれるらしい。1%というとわずかに感じるが、2000万円の家を購入し35年ローンを組んだ場合、1.075%の金利と0.875の金利(0.2%の金利差)で毎月の支払額が2000円変わる。

という事は、1%違うと約1万円の差が出る計算だ。35年間毎月1万円という事は1万×12か月×35で420万も返済する額が変わる計算になる。

これだけ違うなら1%の金利というのがどれだけ大きな差になるかお分かりになるだろう。

お金を借りるとき、住宅ローンのような大きな借金とは別に、どうしようもなく借りたりするケースは発生すると思うが、上記の経験から、金利の1%がどれだけ大きな損失になるかよく考えて借りるよう、よく検討しなければならないと思う。