家のローンを大手銀行で断られ信用金庫で救われる

家の購入にローンを利用しました。

物件は、知り合い(親戚)の不動産業者から紹介され、中古の土地付き一戸建)を購入した。本来であれば個人などが購入できず、業者に流れていくような掘り出しものでした。

頭金も十分に用意できない状態でしたが、「これは買い!」と判断して購入を決意したわけでう。当然、ローンを組むのだけども、通常の物件購入の際は、は不動産業者が融資先を紹介してくれるのが当たり前のようなのですね。

しかし、今回はコネで購入したようなものなので、特にこれといった融資先などありませんでした。

そこで、自分で試しに融資先を探してみた。いきなり大手銀行の融資係に飛び入りで相談したら「何しに来たの?」というような雰囲気で追い返された。「何か悪いことしました?」という感じでしたが、これってけっこう非常識な行動だったようです。

結局は、その知り合いの不動産業者の紹介で、地元の信用金庫から借り入れることができて万事うまくいったのですが良い勉強になりました。

サラリーマンがいきなり銀行にいって、「家を買いたいから融資してくれ」と頼みに行っても難しいようです。業者の仲介が不可欠のようです。すごく特殊なケースなのでしょうけれども、良い経験になりました。