住宅購入の資金を親から借りた体験談

私が家を購入しようとした時のことですが、住宅ローンを組む時には、毎月の支払いを減らすために、少しでも元本を減らした方が良いと思ったので、一旦親からお金を借りる形で、頭金やその他の費用を工面して貰いました。

ただ住宅購入の資金について親から贈与を受ける場合、今回のケースだと1千万円以上の提供を受けることになり、贈与税がかかる対象となってしまいますので、口頭での約束でお金の受け渡しがあると贈与とみなされて税金を取られてしまう可能性がありました。

そこで親からの資金の提供は借金によるものであることを証明することになり、そこで金利の問題が出ました。

親は金利は必要なく、貸した分だけ返してくれれば良いといってくれましたが、それだと贈与とみなされる可能性があるため、とても低い割合ですが、金利を設定することにしました。

他には得に難しい取り決めも無くスムーズに終わり、住宅ローンの金利も大分少なくすることが出来ました。