安月給でも親孝行でローン一軒家!しかし数千万の借金

4200万円の一軒家を建てることにしたのですが、自己資金は500万円程しか用意できませんでした。


私は、安月給の中コツコツ貯金をしてきました。だから、私の年収では、ローンを組むにしても希望の金額の借入は難しいだろうと思っていました。

不動産屋経由で、いくつかの銀行に掛け合ってもらったところ、どこも満額は貸してくれませんでした。

手元にお金を残しておきたかったのですが、更に300万円をかき集めました。


もはや、手元には数十万しか残っていませんでした。それでも、あと200万円程足りませんでした。

いったんは、家を諦めようかとも思いました。


しかし、この家は年老いた母と暮らすために建てようとしている家なのです。場所も、母の友達が多いところにしました。だから、やはり諦めることはできなかったのです。

なんとかしてでも、残りのお金を集めなければなりませんでした。結局、仲の良い親戚のおばさんに頼みました。母には内緒にしてくれました。

本来ならば、家は無理して買うものではないと思います。しかし、母への親孝行と思い、絶対に実現させたかったのです。

数千万円のローンを抱えるとプレッシャーもありますが、その分仕事を頑張らなければというヤル気に繋がるので、何かを背負うことはそこまで悪いことではないと思いました。